トップ

今から始めるシミ対策

20代の今だからこそ始めるシミ対策

シミが出来るメカニズムとは

女性なら、なるべく早い年齢からぜひ身に付けておきたい習慣がシミ発生予防の意識です。20代の皆さんは、「まだまだしみなんて関係ない」と思っていませんか? 実はシミに注意するのに早すぎることはありません。

シミが発生するメカニズムとは、簡単にいえばターンオーバーで除去しきれなかったメラニン色素が皮膚に沈着・蓄積されてしまうこと。そのため、若いうちから気を付けて紫外線を浴びないように注意することが必要なのです。

紫外線から肌を守るために生成されるメラニンは、本来は表皮のターンオーバーつまり古くなった角質と一緒に「垢」として皮膚から排出されるべきもの。しかし、何らかの原因で過剰にメラニンが作り出されると、ターンオーバーでは排出しきれずに残ってしまうのです。

では、なぜメラニンが過剰に生成されてしまうのでしょうか?
表皮は表皮細胞(ケラチノサイト)とメラニンを作り出す色素細胞(メラノサイト)から構成されています。

表皮が紫外線を浴びると紫外線から皮膚を守るため、メラノサイトはメラニンを生成し蓄積します。しかし、長時間紫外線を浴びることでメラニンが過剰に生成されてしまいます。

かつストレスなどによりターンオーバーのサイクルが乱れると、新陳代謝が停滞しメラニンも滞留してしまうのです。どんどん作られる新しいメラニン、消えていかない古いメラニン。これらがシミの正体なのです。

そして、シミが作られる原因によって種類が分かれ、シミの形状、シミが出る場所、治療法も異なってきます。

最も多いのが、紫外線が原因のシミ「老人性色素斑」です。
ほお骨の高いところなど日光にあたりやすい場所にできます。

もう一つは「炎症性色素沈着」のシミは虫刺されや、傷の後に一時的にできるしみです。
放っておいても時間はかかりますが自然と消えます。

そのほかには、30-40代の女性に多い、女性ホルモンの分泌に関係するといわれる「肝斑」などがあります。

どのようなシミもあまり気になるようなら、皮膚科の先生に相談されることを、お勧めします。食生活や基礎化粧品選びや、若いうちから始めることの出来る美容サプリメントについて的確なアドバイスが期待できますよ。